人気商品 2014年モデルルイヴィトン LOUIS VUITTON モノグラム ポルトフォイユ・サラ 長財布 ダークブラウン&ヴのものはどう,人気商品 2014年モデルルイヴィトン LOUIS VUITTON モノグラム ポルトフォイユ・サラ 長財布 ダークブラウン&ヴどの年齢で適_人気商品 2014年モデルルイヴィトン LOUIS VUITTON モノグラム ポルトフォイユ・サラ 長財布 ダークブラウン&ヴ旗艦店 哈尔滨国脉圣田幼儿园


2015-01-24 14:17    人気商品 2014年モデルルイヴィトン LOUIS VUITTON モノグラム ポルトフォイユ・サラ 長財布 ダークブラウン&ヴ
「新作の方もよかったよ。その時にこのキーホルダー買ったんだ。この犬も可愛かったし」  文香はチェブラーシカの隣にぶらさがっている犬を軽く指で撫でた。 「こっちの子はトービクっていって、チェブラーシカの友達で……」 「トービク?」  俺と栞子さんは同時に声を上げた。 「うん、そう……って、なんでそんなに驚いてるの?」 「飼い主に捨てられてしまった犬なの?」  と、栞子さんが尋ねる。 「え? どうなのかな……なんか、道端で泣いてるんだよ。チェブラーシカたちと会って、その後ライオンと友達になるの」  戸惑い気味の答えを聞いて、俺たちは顔を見合わせた。犬がライオンと友達になる。主人公は別にいる――坂口しのぶの話と符合する。彼女が読んだのは、その映画の原作本か、あるいは映画を書籍化したものだろう。栞子さんの記憶が曖昧だったのは、本ではなく映画に関することだったからだ。  あとは調べれば、しのぶの探している本に行き着くはずだ。 「……どうしたんですか?」  本の謎は解けたはずなのに、なぜか彼女の表情は晴れなかった。 「いえ……本のことは分かったんですけど、ちょっと……」  それ以上は説明しようとしない。どうやらまだなにか謎が残っているらしかった。         6